内服・頓服・外用の用法の区分について